筋トレ

筋トレに関する悩みや体験談

よし今回こそは痩せるぞ!と、意気込んで始める筋トレ。

 

しかし数日後には、、、怠けてしまう自分。なかなか、筋トレが続かず習慣にならないのが悩みだった。

 

今回は、試行錯誤を繰り返しながら、筋トレを習慣化できた方法を書こうと思う。

 

 

つい最近までの自分は、やる気を出そうにも目の前のお菓子につい、手が伸びてしまう。

 

習慣化できるようになるというタイトルの本を読んでもなかなかうまくいかない。

 

そんなことの繰り返しだった。

 

しかし、ネットでたくさんの記事を読んだり本を読んだりして気づいた事がある。

 

なんのために筋トレをしているのか?つまりは、目標だ。

 

今までは、ただ「痩せる!」と漠然としたものしかなかったが、その記事には明確な目標が必要だと書いてあった。

 

私は、なぜ痩せたいのか、痩せてどうなりたいのか。を考えてみた。そこで出てきた気づき。

 

 

「痩せてスキニーと白Tシャツをかっこよく着たい」そう気づいてから、スマホの待ち受けは、理想の服を着たモデルにし、自分がそうなった姿をイメージした。

 

おやつに手が出そうな時もイメージする。

 

そうすることで、目標がクリアになり、無駄な間食は以前より減った。

 

 

そしてもう一つ取り組んだことがある。これは、習慣化に関する本に書いてあった方法だ。

 

それは、自分に課すタスクの難易度のレベルをひたすら低くするということ。

 

腹筋を例にする。普通は、毎日30回×3セットはやる。と目標を立てるはず。
しかし、始めてみると意外と続かないことに驚く。

 

そして、できなかった自分を責めてしまう。負のループ。

 

そこで、目標のレベルを下げてみる。

 

例えば、一日一回やればOK。

 

それでも怠けてしまうのなら、「まずあおむけで腹筋の姿勢を作るだけでOK」など。

 

そうしていくうちに、今日は一回できた。一回は少ないな、もう少しできそうだ。

 

など、段々と続くようになる。最初からでかい目標を掲げないこと。

 

 

この二点で筋トレは習慣化できる。

 

 

やる気はいらない!自宅で筋トレを続けるコツ

在宅時間が増えてきた昨今、ジムに通わず、家で筋トレして引き締まった身体になりたい!でも中々やる気起
きなくて続かない…と悩むことはありませんか?

 

そこで、誰でも簡単に、自宅で筋トレを継続させるコツをまとめてみました。

 

 

そもそも『やる気』は必要ない!?

実は、何かを続ける時に『やる気』は必要ありません。

 

「やる気」は、脳の「側坐核」と呼ばれる部分から分泌される、ドーパミンという神経伝達物質により引き起こされます。

 

そしてこの側坐核は、実際に行動を起こさないと活性化されないのです。

 

よって「やる気が起きないから筋トレができない」のではなく、「やる気が無くても、行動を起こすことで筋トレを続けたくなる」と思考を変えることから始めましょう。

 

 

歯を磨くように取り入れる

では上記を踏まえた上で、実際に筋トレを継続させる方法をご紹介します。

 

それは「筋トレを日常生活に溶け込ませる」ということです。

 

例えば、起床してベッドメイキングをした後に、スクワットと腕立て伏せを30回ずつ行う、という様に「このタイミングでこれをやる」と決めてしまいます。

 

朝起きたら、顔を洗い歯を磨きますよね?それと同じ様に日々のルーティンに取り入れるだけです。

 

しばらくの間は、気分が乗らない時もあるかもしれません。それでも毎日続けていくうちに、「筋トレをしないとスッキリしない」と思えるようになるでしょう。

 

そこまでくれば、大成功です。これからもずっと続けられるでしょう。

 

 

大切なのは、続けること

いかがでしたか?

 

日常に新しいことを取り入れるのは、慣れるまでは大変かもしれません。

 

1日、2日サボってしまうこともあるかもしれませんが、大切なのはそこで諦めずに続けていくことです。

 

ぜひ筋トレを取り入れて、素敵な身体を目指しましょう!

 

page top